製品の安全性の立証したいなら|フタル酸エステル分析を利用しよう

国際規格が変わります

製品をチェックしましょう

実験器具

フタル酸エステルは塩化ビニールなどの可塑剤として使用されます。フタル酸エステルを利用すれば、塩化ビニールなどをはじめとするプラスチック類の形成がしやすくなることにくわえ、耐久性や長寿命化も簡単に達成可能です。しかし便利なフタル酸エステルではありますが、その一方でホルモンかく乱物質としても指定されているため使用には細心の注意が必要でもあります。すでに、日本をはじめアメリカやヨーロッパ諸国の間では厳しく規制されており、そのほかの国と地域においても今後は規制がより強化されることが決まっています。海外にプラスチック製品を輸出している事業者の方は、それぞれの国において規制値に大きな違いがある点に注意するようにしましょう。とくにアメリカやヨーロッパ諸国では日本よりも厳しい規制が設けられているので、日本の環境基準を満たしているだけでは不十分です。そのため、プラスチック製品の製造を手掛けている事業者の方は、国際的な基準を満たせるようにフタル酸エステル分析を専門企業に依頼しましょう。専門企業に依頼すれば専用の分析器を使用したフタル酸エステル分析を行い、製品が環境基準を満たしているかを短期間で測定することができます。専門企業のフタル酸エステル分析装置なら数多くの成分を詳細に分析できるので、今後発行されることになる国際基準に合わせた数値で測定できます。フタル酸エステル分析は短期間かつリーズナブルに行えます。そのため大量の品目を分析する必要がある場合でも、会社の予算を圧迫することなく検査を終えることができます。

お得なセット料金も存在

葉っぱ

環境汚染物質の拡散を防ぐ事を目的に公布されたのがRoHS指令です。2003年にEUが元となり特定有害物質の使用制限を定め、それ以降、世界各地に波及をしています。RoHS指令で使用が制限される物質は定期的に見直しが行われていますが、2005年以降、フタル酸エステル類の規制が順次拡大している状況となっています。フタル酸エステルは発ガン性作用や内分泌撹乱物質としての作用があるとされている事からRoHS条約においても早くから指定を受けていた物質です。一般的に床材や壁紙として用いられたり、電線被覆、ホースなどに利用がされています。2015年にも対象拡大が行われるなど、年々、厳しさが増しており、子供向けの玩具への使用を厳格に規制するなど利用する企業は使用の際には細心の注意が必要となっている状況です。その厳しい規制が行われているフタル酸エステルが規制値内に収まっているか、あるいは含まれているかをチェックするのがフタル酸エステル分析です。フタル酸エステル分析は広く行われており、様々な研究機関で実施が行われています。フタル酸エステル分析に掛かる費用相場は検査項目の数によって異なっており、1項目3万円程度が相場となっています。フタル酸エステル分析に強い検査機関では複数項目をお得に検査する事が出来るセット料金で提供を行なっているケースもあるので、複数項目の検査を行うという方はそれらの活用が望ましいと言えるでしょう。

配合の有無を確認しよう

模型

フタル酸エステルとは、芳香族カルボン酸の一種であるフタル酸とアルコールがエステル結合した時にできる化合物のことです。フタル酸エステルにはプラスチックを柔らかくする可塑剤としての働きがあるため、塩化ビニル樹脂などのプラスチック製品を加工する際に使用されています。フタル酸エステルがなければ自由自在にプラスチックを加工することができなくなるため、製造業にとってなくてはならない物質として認識されています。フタル酸エステルには様々な種類があり、その中でも特にDINPやDEHPといったものが可塑剤として適していることがわかっています。こういった種類のフタル酸エステルは、日常で使用するプラスチック製品の多くに活用されています。しかし、フタル酸エステルの中には使用を制限されているものもあります。近年の研究により、フタル酸エステルには内分泌系に悪影響をもたらす可能性があることがわかってきました。そのため、乳幼児や児童が使用する可能性のあるプラスチック製品にはあらかじめフタル酸エステル分析を行うことが指導されています。具体的な製品としては、おもちゃや食器や文具などが挙げられます。専門の研究機関にフタル酸エステル分析を依頼すれば、人体に有害とされる物質の有無を調べることができます。フタル酸エステル分析によって成分に問題がないことが証明されなければ、製品の販売は認められません。そのため、多くの企業では専門の研究機関に依頼して事前調査を行っています。フタル酸エステル分析は、健康のために欠かせない作業なのです。