製品の安全性の立証したいなら|フタル酸エステル分析を利用しよう

プラスチック製品の可塑剤

人体に与える影響

葉っぱ

プラスチックは熱で溶けて柔らかくなるため、様々な形状に加工することが可能です。それでいて冷えると硬くなるので、電化製品や調理道具、化粧品の容器などの材料として使われています。そして製造の際には、よりスムーズに加工するための可塑剤が加えられます。特によく利用されている可塑剤が、フタル酸エステルです。フタル酸エステルにより、プラスチックは一層柔軟性のある状態になります。そのため、浮輪やビーチボール、ソフトビニール人形といった柔らかさを重視したプラスチック製品には、フタル酸エステルが特に多く使われています。ところがこういったプラスチック製品を使用していると、フタル酸エステルが溶けて、人体に入ることがあります。すると男性ホルモンや女性ホルモンが悪影響を受けて、前立腺がんや乳がん、子宮がんなどの発症率が高まりやすくなります。また精子の減少や流産、子供の発達障害の原因となる可能性もあります。そのため現在では、プラスチック製品におけるフタル酸エステル分析が積極的に行われています。フタル酸エステル分析とは、プラスチック製品に含まれているフタル酸エステルの量や、溶け出すリスクを確認することです。フタル酸エステル分析により、そのプラスチック製品を安全に使用できるかどうかが明らかになるのです。フタル酸エステルの影響は、体が十分に発達していない乳幼児が特に受けやすいと考えられています。そのためフタル酸エステル分析は、子供用の玩具や食器などでは特に重要とされています。

何でも口に入れてしまう

顕微鏡

世界的にフタル酸エステル分析を、必須と考えるようになってきている機関や人が増えてきています。フタル酸とアルコールの縮合で構成されるエステルが、結びつくことでできる化合物の総称がフタル酸エステルです。フタル酸エステルは、プラスチック製品に使うことで柔軟性を与えることができるため、多種多様な企業が使用しています。耐久性に優れているだけでなく、低コストに抑えられるのでフタル酸エステルは、企業にとってはなくてはならない優れものなのです。汎用性が極めて高いフタル酸エステルは、企業にとっては優れた性能があるのですが、様々な規制を受ける物質でもあります。主な用途は、柔軟性を持たせるために使われていますが、接着剤や塗料としても使われているのです。世の中には多くのプラスチック製品がありますが、子供のおもちゃにも素材として使われています。フタル酸エステル分析が重要視されているのは、子供のおもちゃを作る過程で使われることが多いからです。何でも口に入れてしまう子供たちの安全性と健康を守るために、おもちゃの接着剤や塗料として使われることがあるフタル酸エステル分析をする必要があります。フタル酸エステル分析に対する規格基準は、各国によって少しずつ違っていますが、世界中が注目し問題視するようになってきています。特に意識されてきているのが、乳幼児が口にする機会が多いおしゃぶりや歯固めなどです。乳幼児が対象になっているおもちゃは、市場に多く出回っていますが、最近ではフタル酸エステル分析を意識しない企業はほとんどありません。

有害物質のチェック

レディ

製造業を営む企業にとって、人体に安全な製品を提供することは、訴訟のリスクや企業の信頼が失墜することを防ぐ上で重要になります。製造業を営む企業の中でも、とりわけ一般消費者向け製品のメーカーは、有害物質が多く含まれない製品を提供するよう努めなければなりません。一般消費者に出回る製品に含まれる有害物質の代表的なものは、フタル酸エステル類です。フタル酸エステル類は塩化ビニルなどのプラスチック類の製造において、可塑剤として用いられる物質で、化粧品に使用されることもあります。フタル酸エステル類は内分泌をかく乱させる環境ホルモンであるだけでなく、発がん性も認められることから、法律で使用の規制がかかっているのです。規制の対象となるフタル酸エステル類の物質は、今後さらに増えることが見込まれます。企業がフタル酸エステル類の規制を遵守し、社会に安全な製品を提供するためには、フタル酸エステル分析が欠かせません。フタル酸エステル分析とは有機溶剤を用いて、製品サンプルなどの試料からフタル酸エステル類を抽出し、含有量の測定を行うものです。フタル酸エステル分析は、主に産業分析を業とする企業などが行っており、ホームページで検索すると、多くの企業がフタル酸エステル分析を行っていることが分かります。また、フタル酸エステル分析の依頼はホームページから行えることが一般的です。一般消費者向けメーカー、特におもちゃなど幼児が口に入れてしまいがちな製品のメーカーにとって、フタル酸エステル分析は品質を担保する意味でも必須のものとなっています。